写真やスクショにコメントやマーキングできるアプリなら「Skitch」がおすすめ!

アプリ

人にスクショを使って説明するとき、手書きで丸を書いたりコメントを書き加えたりすることがあると思います。

iPhoneのギャラリーアプリからもできますし、ラインなどのメッセージアプリなどからもできますが、少しも足りなくないですか?

今回の記事では僕がよく使っているマークアップ用のアプリ「Skitch」を紹介します!

より高機能なマークアップができる「Skitch」

Skitchは画像に注釈など入れるのに特化した無料アプリで、iPhoneのiOS、PCのOS Xに対応しています。(今のところアンドロイド版は無いようです。)

Skitchでは四角・丸・線などのシェイプを書くことができるので、誰にでもわかりやすくマーキングが行えます。

また、テキストではフチありの文字入力が行えるので、見やすいコメントを入力することも可能です。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。

Evernote無料posted withアプリーチ

そのほかにも機能があるので順番に紹介します。

多機能なツール

Skitchはマークアップに必要な機能をほとんど持っています。

  • モザイク
  • 絵文字付きコメント
  • 記号付きコメント
  • ペンツール(蛍光ペン機能含む)
  • シェイプ(丸や四角に加え線も描ける)
  • 矢印ツール

このなかからいくつか抜粋してご紹介していきます。

モザイク機能

スクショをして何か説明したい時に見られたく無いものが写り込んでいることがあります。

そんな時に役に立つのがモザイクです。

ペンツールで塗りつぶすのもいいんですが、ペンで塗りつぶすとそこが強調されてしまい、わかりにくくなることもあると思います。

そこでモザイク処理をしてやれば強調されることもなく見られたく無いところを隠すことが可能です。

絵文字付きコメント

機能的にはテキストとほとんど同じですが、矢印と絵文字とテキストの3点がセットになったものになります。

矢印では何を指しているのかが明確になりますし、絵文字では感情を表現でき、テキストではコメントが残せます。

この機能ひとつで3つのことができるので手っ取り早く注釈を入れることができるので便利な機能だと思います。

ちなみに記号付きコメントは、絵文字が「○」や「✖️」になったものなので、ビジネスなどで使う場合は記号付きコメントの方がいいかもしれません。

Evernoteとの連携が可能

Evernoteとの連携も可能で、Evernoteを使っている方はスマホに保存せず、直接Evernoteに保存できるので便利です。

モバイル端末3台までを月700円で補償してくれる保険があるの知ってます?

モバイル保険では年間10万円以内なら何度でもスマホやパソコンなどを補償してくれる保険があります。 補償対象は幅広く、スマホやパソコン、スマートウォッチにBluetoothイヤホン、ゲーム機など無線で通信が行える端末ならほとんど補償してくれます。 しかも、たったの月700円で3台まで補償してくれるんですよ! 高価なガジェットを多くお持ちの方はぜひチェックしてみてください!