iPhoneで撮った写真に現在位置情報を付けない方法と消す方法!

iPhoneで撮った写真に現在位置情報を付けない方法と消す方法! iPhone

スマホにはGPSという位置を人工衛星を使って位置を特定するシステムが備わっているのは多くの方がご存知だと思います。

このGPSによって写真に撮影場所の位置情報を記録することも可能です。

しかし、写真に位置情報をつけることによって第三者に自分の行動範囲や自宅までも知られてしまう可能性もあります。

この記事ではスマホで撮影した写真に位置情報を付けない方法、位置情報の有無や消し方を紹介します。

写真の位置情報をOFFにする方法

では早速、写真に位置情報を付けないようにするための設定を紹介します。

まずiPhoneの設定画面を開き、下にスクロールしていくと「プライバシー」という項目があるのでタップします。

するとプライバシー関連の設定項目が表示されます。

その一番上にある「位置情報サービス」をタップしましょう。

位置情報サービス関連の設定画面が表示されると、下の方にあなたがインストールしたアプリがズラーっと表示されているので、この中からカメラアプリを探しタップします。

この設定画面ではカメラ以外のアプリで位置情報を使用するかしないかの設定も行えます。

すると、

  • なし
  • 次回確認
  • このAppの使用中のみ許可

の三項目が出てくると思います。

「このAppの使用中のみ許可」にチェックマークが入っている方は恐らくこれまで撮影してきた写真に位置情報が付与されている可能性があります。

位置情報を写真に付けたくない場合は「なし」をタップしてチェックマークを付けましょう。

写真に付与された位置情報の確認方法

写真の詳細情報はExif(イグジフ)と呼ばれ、Exif情報にはカメラ設定や位置情報などが含まれています。

しかし、通常はiPhoneでではExif情報を見ることができません。

Exif情報を見るにはアプリを使う必要があります。

Exif情報を見るアプリは数多くありますが、僕が使用しているアプリを使ってExif情報を見る方法を紹介します。

位置情報の検索から削除までできるアプリ「Photo Secure」

上述したように位置情報などを見るのにはアプリが必要です。

僕が使っているPhoto Secureなら位置情報の有無が一覧で確認する事ができますし、位置情報の削除も一括で行う事ができます。

 

写真のExif削除 Photo Secure

写真のExif削除 Photo Secure

DIGITALNAUTS INC.無料posted withアプリーチ

Photo Secureの使い方

アプリを立ち上げ下の方にある「Load」をタップし、写真を読み込みます。

すると写真のサムネイルと情報が表示されます。

位置情報が付いているものは赤字で撮影した住所が表示され、位置情報がないものは何も表示されません。

位置情報あり

位置情報なし

位置情報があるものをタップすると地図も表示されます。

位置情報を消す場合は、「選択」から消したい写真を選び、「プライバシー削除」をタップします。

これだけで位置情報を消してくれます。

位置情報削除後

 

モバイル端末3台までを月700円で補償してくれる保険があるの知ってます?

モバイル保険では年間10万円以内なら何度でもスマホやパソコンなどを補償してくれる保険があります。 補償対象は幅広く、スマホやパソコン、スマートウォッチにBluetoothイヤホン、ゲーム機など無線で通信が行える端末ならほとんど補償してくれます。 しかも、たったの月700円で3台まで補償してくれるんですよ! 高価なガジェットを多くお持ちの方はぜひチェックしてみてください!