LINE Payアプリのバーコードが読み取れない時に実施する2つのこと!

アプリ

財布を出す必要もなく、小銭をゴソゴソ探す必要もなく、スマホのアプリを立ち上げてバーコードを店員さんに読み取ってもらうだけで決済が完了するLINE Pay(ラインペイ)

しかし、せっかくスマートに支払いを終えようとしたのにバーコードが読み取れない!レジが反応しない!

結局、現金で支払ったってことありませんか?(僕はあります…下記のことを実践することで解決しましたが…!)

この記事では、そんな時に確認してほしいことをご紹介します!

LINE Payのチャージ

残高は十分ですか?

アプリを立ち上げればわかると思いますが、残高が表示されますので、残高をチェックしましょう。

購入金額が残高を上回っていたら、当然ですが支払いを完了できません。

LINE Payのバーコード更新

レジに並ぶ前からアプリを立ち上げていたり、アプリがバックグラウンドで起動しっぱなしになっていたりしませんか?

その場合、バーコードが有効期限を過ぎている可能性があります。

バーコード右下の『更新』をタップし、バーコードを更新しましょう。

バーコードを更新後、店員さんに読み取ってもらえば決済が行えるはずです!(私はバーコードを更新することで決済できました!)

直近でアプリを一回も立ち上げていない方も、一度『更新』をタップして見てください!

最後に

一度LINE Payを立ち上げた後は、バックグラウンドのアプリも閉じるようにしましょう!

また、上記の方法でもダメなら、電源の切/入を試してください!

モバイル端末3台までを月700円で補償してくれる保険があるの知ってます?

モバイル保険では年間10万円以内なら何度でもスマホやパソコンなどを補償してくれる保険があります。 補償対象は幅広く、スマホやパソコン、スマートウォッチにBluetoothイヤホン、ゲーム機など無線で通信が行える端末ならほとんど補償してくれます。 しかも、たったの月700円で3台まで補償してくれるんですよ! 高価なガジェットを多くお持ちの方はぜひチェックしてみてください!